HOME>レポート>植物の育て方【ブルーベリーの場合も調べておこう】

植物の育て方【ブルーベリーの場合も調べておこう】

ブルーベリー

ガーデニングを始める人はブルーベリーの育て方を調べる人が多いようです。それはこの植物が食べられる実をつけるというのが一つの理由です。コツを知って美味しく育てていきたいものです。

Review List

肥料は適した分だけ与えることですね

ブルーベリーは実がなっても、あまり美味しくない時があるのですよね。スーパーで売っているものより甘さが足りないというか。長年育てて来ましたが、最初のころはあまり味がしないので、妻が砂糖をたっぷり入れてジャムにしていました。いろいろ育て方を変えてみて、今はそこそこ美味しく出来るようになって来ました。品種に拠るところも大きいのですが、有機肥料を適した分だけ与えるのが一番良かったようです。窒素肥料が多すぎると甘みが落ちますので、与えるのは有機肥料のほうがおすすめです。水は多めにあげたほうが良いです。ラビットアイ系は2週間程度まで待ってから収穫するようにしていますが、ブルームが落ちる前に獲るようにしています。
[60代|男性]

虫に注意しておくことも大事

ブルーベリーは年に1度は植え替えをしたほうがいいですよ。ウチも先日鉢植えを植え替えました。成長が早いのもあるのですが、植え替えると、あのにっくきコガネムシ対策になります。栽培を始めてすぐの頃、育て方が分からずコガネムシのせいで3本も枯らしてしまったことがあります。葉が赤く枯れてしまって、びっくりして抜いてみたら土の中からコガネムシの幼虫が20匹以上も出て来ました。成虫は葉を食べに来ますが、幼虫は根を食べるのですね。だから植えっぱなしはキケンです。被害に遭うと鉢下げしても回復せず、処分せざるを得なくなります。防ぐには成虫を寄り付かせないのが早いでしょう。初夏から秋口までかなり大変ですけど、それも収穫のためですよね。
[30代|男性]