間伐をしよう

間伐は山林の手入れの一種で森林の茂りすぎを防ぐためや樹木の健全な成長を助けるために一部の木を切る事を間伐と言います。間伐を行う事で残った木が太く健康的に育ち、天災でも強く乾山な森林が育つうえで必要な事です。

間伐をする理由ランキング

作業員
no.1

元気な樹木の為

木と木の間を開けることで木に十分な栄養が行き渡り元気のある樹木が育ちます。

no.2

太くしっかりとした丸太が作れる

森林が密集しているとその分栄養も行き渡らないので丸太の直径の成長が抑制されますが、間隔をあけると太くしっかりとした丸太になります。

no.3

細いと利用価値が少ない

丸太が細いと家の資材に使用できないので利用価値がなくなってしまうでしょう。

no.4

バイオマス燃料に使用できる

間伐した木材はバイオマス燃料に使用できるため利用価値が高いです。

no.5

災害を防ぐ

間伐をしていない森林は災害があった際に流木となって民家を襲います。流木を防ぐためにも間伐は必要です。

間伐にもいろいろある

間伐にも種類があり、ヒョロヒョロの木や曲がった木を取り除く定性間伐、立ち木の密度を調整する定量間伐に列を整える列状間伐といった3つの間伐方法があります。間伐することで生育の悪い樹木を取り除き元気な樹木を育てます。

間伐と剪定の違い

健康な樹木を育てる為に生育不良に木を抜くのが間伐

間伐とは生育不良の樹木を取り除いて木と木の間を開けることです。木に栄養が回りやすくなってまっすぐ太い木を育てる事が出来ます。間伐は3種類あり、目的に合わせて間伐を行っていきます。

植物の不要な部分を取り除いてあげることを剪定といいます

剪定とは植物が生長をする上で不要な枝や葉に花を切り落とす作業のことを言います。この剪定作業を行う事で植物の成長を促し、果樹や生花が大きく綺麗に成長するうえで欠かせない作業です。

[PR]
間伐業者をカンタン検索☆
一度専門家に相談してみよう

樹木に合った間伐をしてもらおう!プロだからこそできる技

作業員

自分で間伐をするのは骨が折れる

間伐は自分で行う事は出来ますが、それには専門の資格や知識を習得する必要があります。無資格で知識もない人が間伐を行うと木の倒れる方向が誤って自分の方向に倒れてしまったり、通行人を巻き込むなど思わぬ事故に繋がってしまいます。また重労働なので体力的にも厳しく骨が折れます。作業は必ず複数の人で安全確認をしながら行いましょう。

剪定

業者に依頼しよう

自分で間伐をするのは大変、専門知識がないのでどうやればいいのか分からない。そんな時は専門の業者へ依頼をしましょう。民家付近で行う場合、必ずガードマンが付くので通行人の安全確保をしやすいです。作業も慣れてるのでスピーディーでどの木を間伐すればいいのかわかります。残っている木の健康診断まで行ってくれ、いつまでも元気な森林を維持できます。

はさみ

業者の選び方

間伐や剪定を行うには、まずは業者選びがポイントです。あまり実績もない業者へ依頼をすると剪定や間伐方法も雑で、健康な樹木を間伐や伐採してしまう可能もあります。また無理な勧誘があったり見積もりの金額より高額な金額を請求される事もあります。そのため業者を選ぶ際はまずは口コミを検索し、実績もサービス内容も良い業者を選びましょう。

業者に依頼するには

業者へ依頼をするには、各業者のホームページを閲覧し、メールや電話にて依頼をします。その後業者から連絡があり、実際に現場を視察し大まかな見積金額を立てて依頼主と交渉し、問題がなければ契約成立となって作業が開始されます。